logo

ペット可住宅紹介

コラム

2019年10月28日

食欲の秋!ワンちゃんだって秋の味覚を楽しみたい!!

ワンちゃんの健康

暑さもいつの間にか消えて、朝晩の冷え込みを感じるぐらいすっかり秋になりましたね。

秋といえばスポーツの秋!読書の秋!そして食欲の秋ですね!!

ワンちゃん・ネコちゃん達も秋の味覚を楽しみたいのでは?ということで、

ワンちゃん・ネコちゃんも食べられる食材をご紹介します!!

 

第1弾はワンちゃんの食べられる食材をご紹介!

 

ワンちゃん編

 

 

さつまいも

加熱や蒸したりしたものをおやつとして!

ビタミン郡が豊富なので抵抗力を高めてくれます。

 

<注意>

食物繊維・糖質を多く含むので消化不良や肥満の原因になりなることも・・・

 

<与える目安>

体重が5㎏の健康な成犬だと1日15gまで

 

柔らかくなるまで加熱し、渋皮をとったものをのどに詰まらせないように細かくカットして与えてください!

ペーストにし、モンブラン風にして見た目をかわいくするのもw

糖質が多いので、食欲が落ちているワンちゃんのおやつとしても◎

 

<与える目安>

体重が5㎏の健康な成犬だと1日1コまで

 

皮はむいて小さくカットして生でOK!

ただし、渋柿やかたいものは与えないで下さい。

 

<注意>

種を誤飲しないように気をつけてください。

与えすぎは、消化不良や下痢・便秘・中毒などを起こすことにつながることもあります。

 

<与える目安>

体重が5㎏の健康な成犬だと1日15gまで

 

生鮭をしっかりと加熱して骨を取り除いて与えてください!

塩分が多すぎる塩鮭はNG!

がん予防や免疫力を高めてくれる「アスタキサンチン」や

ワンちゃんにとって消化吸収率の高いたんぱく質・代謝の促進や

胃腸系・神経系の健康サポートが期待されるビタミン類も豊富など

ワンちゃんの健康に役立つ栄養素がぎゅっと詰まった食べ物です!

骨以外であれば与えることができるので、

栄養素が豊富に含まれる皮や白子もしっかりと加熱にして与えられます。

 

<注意>

生の鮭を食べた場合、命を脅かす可能性がある「鮭中毒」を引き起こす事があります。

「鮭中毒」を引き起こす菌は、加熱や24時間以上の冷凍によって死滅させることができるとされています。

 

<与える目安>

体重が5㎏の健康な成犬だと1日10gまで

 

一般的に少量ならば食べられるものをご紹介しましたが、

ワンちゃんにも人と同じでアレルギーはあります。

絶対に大丈夫というわけではありませんので、与える時は様子を見ながら少しずつ与えてください。

異変が出たらすぐに与えるのをやめて、獣医さんに診てもらってください。

また、初めての食べ物だと下痢や発疹を起こすこともあります。

 

基本的に人間用の加工食品は砂糖や塩分などが多くワンちゃんには不向きです...

与える時は素の食材を使用してください!

与える目安は毎日与えることを想定していません。与えすぎないように気をつけてください。

 

適量を与えてワンちゃんと秋の味覚を楽しんでください!!