logo

ペット可住宅紹介

賃貸物件、売買物件について

賃貸物件のメリットと注意点

  メリット 注意点
ペット共生型賃貸 ペットのための設備・仕様が充実

 

  • 足洗い場、ドッグラン、リードフック、ウンチダスト、専用の床材や壁紙、飛び出し防止のフェンスなど設備が充実している。
  • ルールや規約が整備されている。
  • 大型犬が飼える。
  • ペット関連の専門スタッフによるトラブルのフォローが受けられる。
物件の数が少なくハードルが高め

 

  • ペットの入居審査がありパスしないと入居できないこともある。
  • 設備・仕様にコストがかかっているため、多少家賃が割高なものもある。
ペット可賃貸 物件数が多く入居しやすい

 

  • 「ペットと住める部屋」の中で一番数が多い。
  • ペットの入居審査などなく、その分入居しやすい。
  • 都心のマンションなどでペット可を売りにしているところも多く、物件を選びやすい。
小型動物のみなど制限が多く

ペットには暮らしにくい環境

 

  • ペットのための設備はほとんどない。(通常マンションをそのままペット可にしているケースが多く、ペットを飼うことを前提に建てていない。)
  • ほとんどが小型犬・まで。よくても中型犬までの物件が多い。
  • 多頭飼いがほとんどできない。
  • ルールや規約が定着していないため、ペットを飼わない一般の入居者とのトラブルを誘発しやすい。
ペット戸建て賃貸 共同住宅でない為トラブル回避!

 

  • 共同住宅ではないので、共有部分使用でのトラブルが回避できる。
  • 庭がある場合、ドックランとして利用できる。
  • ペットの入居審査などなく、その分入居しやすい。
物件数が少なくペット設備も少ない

 

  • ペットのための設備はほとんどない。(通常の戸建てをそのままペット可にしているケースが多く、ペットを飼うことを前提に建てていない。)
  • 外で飼うことのみ認められている物件もある。
  • 小型犬のみなど個体制限・頭数制限もある。
  • ルールや規約が定着していないため、退室時の現状回復費用をめぐってトラブルになることもある。

 

売買物件のメリットと注意点

  メリット 注意点
ペットケア分譲マンション

ペット共生マンション/

 

ペットのための設備・仕様が充実

 

  • 足洗い場、ドッグラン、リードフック、ウンチダスト、専用の床材や壁紙、飛び出し防止のフェンスなど設備が充実している。
  • ルールや規約が整備されている。
  • 大型犬が飼える。
  • 多頭飼いができる。
  • ペット関連の専門スタッフによるトラブルのフォローが受けられる。
物件の数が少なくハードルが高め

 

  • 管理規約などでペットの飼育について細かい規定があり、遵守する必要がある。
  • 物件数が極めて少ない。
ペット可分譲マンション 物件数が多く入居しやすい

 

  • 「ペットと住める部屋」の中で一番数が多い。
  • ペットの入居審査などなく、その分入居しやすい。
  • 都心のマンションなどでペット可を売りにしているところも多く、物件を選びやすい。
  • 分譲住宅の中で一番数が多い。
小型動物のみなど制限が多く

ペットには暮らしにくい環境

 

  • ペットのための設備はほとんどない。(通常マンションをそのままペット可にしているケースが多く、ペットを飼うことを前提に建てていない。)
  • ほとんどが小型犬・まで。よくても中型犬までの物件が多い。
  • 多頭飼いがほとんどできない。
  • ルールや規約が定着していないため、ペットを飼わない一般の入居者とのトラブルを誘発しやすい。
注文住宅

一戸建て分譲/

 

大型犬OK!多頭飼いOK!

など自由度が高い

 

  • 大型犬でも多頭飼いが可能で、全て自由。
  • 注文住宅の場合なら、ペットのための自由な仕様設計が可能。
近隣トラブルを起こさぬよう注意!

 

  • 自由度が高い反面、近隣とのトラブルを起こさぬようペットの飼育については物件所有者本人、及び家族で十分に注意する必要がある。